クレジットカードと確定申告は相性がいいです

投稿日:

管理人は事業を行っており、毎年、確定申告をしています。

確定申告にクレジットカードはとっても相性がいいです。

現金であれば領収書をなくすと、支払った証明をすることがきません。

また、レシートや領収書の枚数が増えると管理が大変です。

クレジットカードであれば、ネットからクレジットカードの利用明細書が何度でも印刷できます。

また、クレジットカードの利用明細書は税務署も認めている領収書です。

ですが、念のため税務調査で自分を守るため店舗でクレジットカードを使ったときはクレジットカード利用と書かれた領収書を保管したほうがいいです。

法人の経費の支払いを個人のクレジットカードで決済している方もいると思います。

私も法人のクレジットカードは年会費が高くポイントもあまりたまらないので個人のクレジットカードを使っています。

その場合、店舗や飲食店でクレジットカードを使用する場合は、クレジットカード利用と書かれた領収書の宛名に会社名を入れたほうが無難です。

面倒ですが宛名も店員さんに手書きで書いてもらいましょう。

このようにすることで、税務調査で「個人で支払ったものを、あとから経費に入れた」と言われることが少なくなると思います。

クレジットカードのポイントは収入になります

経費をクレジットカードで支払い貯まったポイントは所得として確定申告する必要があります。

昔は税務署はうるさく言わなかったのですが、最近では税務調査で指摘されることが多くなっています。

特に、物販業でクレジットカードを使って仕入れをしている人はポイントが数十万ポイントとたまります。

まれに、指摘されなかったという話も聞きますがポイントが少なかったため、見逃してくれたケースだと思ってください。

しっかりと申告しておかないと、あとから利息を含めて加算税を納めるハメになります。

そのあたりは税理士さんがしっかりとやってくれると思いますが、税理士さんを頼んでいない方は注意した方がいいです。

取引先と飲食した際にクレジットカードで支払った場合は

これは、現金で支払ったときと同じように、日付、飲食場所、飲食した相手の肩書きや氏名、目的を控えておかないと税務調査で指摘されます。

クレジットカード払いでも、店舗からクレジットカードを利用した領収書がもらえます。

この領収書には日付や店舗の住所・名前が印刷されるので、取引先の肩書きと氏名、飲食目的を裏書きしクレジットカード利用明細書にホッチキスで添付しておけば大丈夫です。

-クレジットカード 豆知識

Copyright© クレジットカード 作り方|早く簡単に契約できるクレカ比較特集 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.