クレジットカードの審査

投稿日:

クレジットカードを作成するには、必ず発行会社の審査を受けなければなりません。

審査の内容は、年齢などの個人情報、勤務先、学校、年収、借金、居住状況、過去の金銭事故等を総合的に判断して決められます。

審査に通過すると同時に利用限度額も決定します。

審査基準については、クレジットカード発行会社により微妙に違うようです。

過去に金銭事故(延滞・自己破産等)や借金のない方がはじめてクレジットカードを契約する場合は、まず審査に落ちることはありません。

逆に30歳以上で過去の取引が確認できない方は、不自然と見なされ審査に落ちることがあります。

利用限度額については、勤続年数・年収・借金・家賃などをみて決められるようです。

私がはじめてクレジットカードを作成したときは25歳の時で限度額が10万円でした。

審査に落ちる方は、過去に金銭事故があった方です。

たとえば、滞納をしているか、何度も滞納を繰り返した。

携帯電話やスマートフォンの分割払いを滞納した。

自己破産や任意整理をした。

といった感じです。

借金があるとクレジットカードが作れいないという噂があります。

これはイエスでもありノーでもあります。

借金には二つの種類があります。

いい借金と、悪い借金です。

いい借金とは事業用資金など、お金を増やすために借りたもので融資と言われる借金です。

悪い借金は、遊興費や贅沢品の購入のための借金です。

悪い借金は自分の収入の範囲を超えた借金なので、収入で返せる範囲内の借金か見られます。

このように悪い借金が多いと、クレジットカードがショッピング枠が10万円とか低くなる可能性があります。

またはショッピング枠がある程度ついても、キャッシング枠が0円ということもあります。

これは仕方ないですね。

限度額を上げるためには、悪い借金を返済してからクレジットカード会社に限度額が引き上げの再審査をお願いすれば限度額が上がる可能性が高くなります。

もし、審査に落ちてしまった場合は、無理してクレジットカードは作らなくてもいいと思います。

クレジットカード会社から、あなたの信用が低いですよと言われたも同然ですから、しばらくは、自分の借金を減らすことに専念した方がいいと思います。

また、滞納や任意整理などの金銭事故があってもある程度の期間が経過すると信用保証会社の記録から消えてしまうためとクレジットカードが作れるようになるようです。

CICが保有する信用情報
株式会社シー・アイ・シーは、クレジット会社の共同出資により、昭和59年に設立された、主に割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関

どうしても、クレジットカードが必要な場合はVISAやMasterのマークの入ったデビットカードを作れば対応できます。

金銭事故がないのに審査に落ちる場合の対処法

クレジットカード会社は、クレジットカード申込者の信用情報を審査で確認します。

信用情報とは、金融機関、信販会社、クレジットカード会社、消費者金融会社などが加盟し、過去の取引状況や延滞、債務整理、自己破産などの記録出されます。

指定信用情報機関(経済産業省が指定)

CIC((株)シー・アイ・シー)
http://www.cic.co.jp

全国銀行個人信用情報センター
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

JICC((株)日本信用情報機関)
http://www.jicc.co.jp

上記、3機関に個人の信用情報が記録されています。
各社とも、自分の信用情報を有料で請求できますので、自分の信用情報を請求して下さい。

信用情報は書面で回答されます。
その書面を見て、なぜ審査に落ちるのか確認することができます。

もし、身に覚えのない金銭事故が記載されていた場合、そのデータを登録した金融機関が確認できます。
その金融機関に連絡をとり、身に覚えのない金銭事故を抹消するように要求して下さい。

まれに、金融機関の手違いで間違った記録が掲載されることがあるようです。

また、指定信用情報機関は、間違った記録でも個人からの請求では消してくれません。
かならず、データを登録した金融機関に削除を要求して下さい。

本当にあった事例
私の友人Aが、会社の同僚に財布から免許証を抜き取られて、消費者金融の無人契約機でなりすましで契約をされました。
友人Aが、スマートフォンを分割払いで契約しようとしたところ、審査に落ちて契約できなかったのです。
そこで、私がアドバイスをして個人信用情報機関から信用情報を請求したところ、身に覚えのないサラ金の利用が見つかったのです。
しかも、延滞を繰り返しています。
私と友人Aは、消費者金融に連絡をとり消費者金融の事務所で、無人契約機で交わされた契約書をみました。
そこには、無人契約機で撮影された写真もあり、確認したところ友人Aの同僚だとわかったのです。
消費者金融の社員さんも無人契約機で撮影された申込者の人物と免許証の写真が違う人物ということで信用保証会社に登録された間違った記録を削除してくれました。
その後、友人Aは無地にクレジットカードを作成することができました。
友人Aは警察に、この事案を告訴し、まもなく犯人は逮捕され会社を首になりました。

-クレジットカード 豆知識

Copyright© クレジットカード 作り方|早く簡単に契約できるクレカ比較特集 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.